「長財布、入りますか?」

井口

 

かっちりとしたハンドバッグ。

愛称は「カーフケリーやかっちりバッグ」と呼ばれています。

 

こちらのバッグよくご質問をいただきます。

「長財布、入らないですよね?」と。

 

ebagos エバゴス カーフケリー

 

私も展示会で初めてみた時、

このデザインなら入らなくても仕方ない…と思っていたところ

 

「入るように作ったんです!」

とデザイナーさんに教えていただきました。

長財布がちょうど縦に収まる高さに設計されています。

 

ebagos エバゴス カーフケリー

 

ebagos エバゴス カーフケリー

 

でも長財布を入れたら

それだけでバッグの中がいっぱいになってしまうことってあります。

財布のためのカバンみたいに…

それじゃあちょっと…ですよね。

 

でもこのカーフケリーバッグは

そこも解消してくれるちょうどいい大きさ。

 

ebagos エバゴス カーフケリー

 

長財布の他に、スケジュール帳、ハンカチ、ティッシュ、500mlのペットボトルまで

しっかり収納。

 

ebagos エバゴス カーフケリー

 

きちっとした佇まいながらも、普段持ち歩きたい必需品まで収めてくれるから

『いつでも一緒』の愛用バッグになるんだなと思います。

 

 

そしてもう一つ良くいただくご質問。

「どうやって開けるんですか?」

 

私もわからず、展示会でバッグの前でじーっと悩んでいたところ

職人さんに教わりました。

 

艶やかな尾錠(びじょう)の向かって左側のポッチンを

指でキュッと横にスライドさせると

 

ebagos エバゴス カーフケリー

 

すんなりと開きます。

 

ebagos エバゴス カーフケリー

 

気持がいいくらいしっかり蓋が広がってくれるので、

キュッとしたハンドバッグ特有の収納時のストレスを感じません。

 

ebagos エバゴス カーフケリー

 

 

ebagos エバゴス カーフケリー

 

カジュアルもきっちりもこなすデザインは

この先も “永遠” のバッグになりそうです。

 

 

カーフケリー・かっちりバッグ (ebagos代表作)
ブラウス (support surface)
カーフケリー・かっちりバッグは
『暮らしとおしゃれの編集室』の着こなし連載にもご紹介されています。
是非のぞいてみてくださいね。>>>