夜更けの妖怪

よしむら

娘を寝かしつけたまま

ベッドで寝ていると

 

玄関の鍵を開ける音がした

確かに
夫の気配のようであり、こんな夜更けに玄関の鍵を開ける人なんて
夫くらいしかこの家にはいないはずなのに、
なにか違和感を感じて、耳を澄ませた

 

「ぺたん、ぺちゃん、ぺたん、ぺちゃん」

 

その足音は明らかに妖怪だった

 

娘を守らないといけないわたしは
ハッキリと叫んだ

 

「誰だ!!??」

足音からして何か ぬめっ とした感じの妖怪を想像した

 

 

 

ところが暗闇に
母と娘の前に現れたのは

 

 

 

脚にギブスをはめ
松葉杖をつく

中年の夫だった

 

 

ああ

ギブス

soutiencollar

パピヨン3姉妹

 

よしむら

 

毎週金曜日の夜にお届けする
メルマガ限定”わたしのお買いものメモ”
【BUY!ブル】 配信中です
メルマガ配信のご登録はこちらから